勤怠管理にかかる人件費節約方法

企業経営において、正しい勤怠管理はとても重要なものです。すべての社員の出勤欠勤の状況や有給の消化状況の把握、残業代の計算まで勤怠管理を行っていないときちんとした対応ができません。この勤怠管理の方法として多くの企業が導入しているのが、タイムレコードによる管理です。いろいろなタイムレコーダーがありますが、多くの企業で使われているのが、紙のタイムカードに社員が出勤した時と退勤のときに、タイムレコードに差込み印字するというものです。この記録をもとに事務員が出勤状況や残業時間を計算し給料の計算を行います。当然、これらの集計をするには、事務員の人件費がかかります。従業員が多い企業などではたくさんの事務員が必要ですし、集計する時間もたくさんかかる分人件費も多くかかってしまいます。不況の時代ですので、経費削減に取り組んでいる企業も多いと思います。

そうなるとこのような事務員の人件費節約も考えている企業も多くあるでしょう。そのような企業にオススメなのはWebを利用して勤怠管理が簡単に行えてしまうというタイムレコーダです。紙のタイムカードではなくICが組み込まれた社員証などを機械にかざすだけで、そのデータがコンピュータで管理されるというシステムです。紙のタイムカードが必要なくなると、カードを購入する経費も削減することができます。また、紙のカードのデータをコンピューターに入力すると言う事務員が必要ないですので、大幅な人件費節約となります。人件費節約になるだけでなく、正確な情報がすぐにコンピューターに入力されますので、正確な勤怠管理が可能となります。また、入力されたデータは自動で集計されるようになっています。社員一人一人の給料計算を全て自動で集計してくれるので、ここでも事務員の人件費節約をすることができます。また、多くの視点などを持つ企業などでは、全てのデータを一箇所で集計することが可能です。それぞれの支店に配置していた事務員が必要なくなりますので、人件費節約になります。勤怠管理には多くのコストがかかりますが、このようなシステムを導入することで、70%ぐらいのコスト削減ができるというデータもあります。

初期投資を少しすることで、その後何年も人件費を削減することができるので導入することを考えている企業も多くあると思います。このようなシステムを提供している会社は多くあるので、システムの内容などをよく吟味して選ぶようにしましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*