試行運用ができる勤怠管理システム

試行運用ができる勤怠管理システムがあります。このシステムは、自社内にサーバーの管理を行うことができる場合や、システムの運用の変更が多いという場合は、システムを一定期間試用したうえで、システムが使えるという判断があれば本格的に運用を始めることができます。インターネット上で勤怠管理のシステムを利用する場合は、自社でサーバーを用意する必要がないため、低コストでシステムを導入することができます。勤怠の管理をインターネット上で行う場合は月額費用も安くすみます。また、この勤務の管理のシステムは、正社員と非正規雇用の従業員が混在している会社や、複雑なシフト交代制を導入している会社など、複雑な勤務体系を導入している会社にも柔軟に対応できます。この勤怠の管理のシステムを導入することで、予実対比や部門別の経費の分析もできるようになり、より高度なコスト管理ができるようになります。

またこの勤怠の管理のシステムを導入する場合、タイムレコーダーを自分で用意するか、レンタルで用意するかのどちらかを選ぶことができます。レンタルで使えるタイムレコーダーには、大型の液晶のタッチパネルを搭載した、操作性がとてもよいものから、的確な就業情報を把握、管理することによって人材のマネジメントのサポートができるもの、設置場所を選ばず、無線ネットワークに対応したものがあります。さらにこの勤怠管理システムは、携帯電話に対応している機能が充実しています。このシステムは携帯電話を使えば、外出先からでも各種の申請や、スケジュールや勤務データの確認、打刻を行うことができるようになっています。さらに、位置情報の機能を使えば、登録したエリア以外からの打刻ができなくなるため、不正な打刻を防止することができます。この勤怠管理のシステムを導入しますと、給与の明細書や源泉徴収の書類などはメールで配信することができたり、パソコンから閲覧することも可能となります。また、この勤怠の管理のシステムを導入しますと、就業システム、給与システム、人事システムのデータの管理を一元的に行えるようになり、これらのデータをリアルタイムに会社のパソコンに出力できるようになります。

また、このデータを販売、生産管理データと組み合わせることにより、経営分析の指標となる人件費の分析や労働生産性の分析などのデータ活用が行え、会社の生産性の向上や人材マネジメントの向上に役立てることができます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*